記事内にアフィリエイト広告を含む場合があります

多頭飼い向きキャットタワーおすすめ7選|据え置きや木製、大型タイプもあり

多頭飼いでも使用できるキャットタワー
この記事は約7分で読めます。

多頭飼いをしていると、猫たちのための適切なキャットタワー選びは非常に重要です。本記事では、多頭飼いに最適なキャットタワーの選び方多頭飼い向きのキャットタワーについて詳しく解説します。人気の木製タイプや多頭飼いにぴったりな大型タイプなど、さまざまなタイプのキャットタワーを紹介していますので、キャットタワー選びの参考にいかがでしょうか。

スポンサーリンク

多頭飼いに適したキャットタワーの選び方

大型のキャットタワーと猫

多頭飼いの猫たちが快適に過ごせるキャットタワーを選ぶためには、いくつかの重要な特徴を押さえておくことが必要です。以下では、多頭飼いに適したキャットタワーの選び方を詳しく解説します。

サイズと高さ

多頭飼いに適したキャットタワーは、大きくて高いものが理想的です。猫たちは高い場所を好むため、複数の猫が同時に遊べる十分なスペースと高さを持つキャットタワーを選びましょう。これにより、猫たちがストレスなく、自由に登り降りできる環境が整います。

複数の遊び場や休憩スペース

多頭飼い向けのキャットタワーは、複数の遊び場や休憩スペースがあることが重要です。ハンモック、隠れ家、トンネルなど、さまざまな要素が組み込まれているキャットタワーは、猫たちが飽きずに楽しめるためおすすめです。また、猫たちがそれぞれのスペースでリラックスできるようにすることで、喧嘩の防止にも役立ちます。

安定性と耐久性

多頭飼いの場合、キャットタワーの安定性と耐久性は非常に重要です。複数の猫が同時に使用するため、揺れたり倒れたりしないように、しっかりとした構造のものを選びましょう。特に、木製のキャットタワーは耐久性が高く、長期間使用することができます。

メンテナンスのしやすさ

キャットタワーの掃除やメンテナンスがしやすいことも考慮しましょう。取り外し可能なパーツや洗える素材のキャットタワーは、清潔を保ちやすく、多頭飼いの環境を快適に保つのに役立ちます。

デザインとインテリア性

部屋のインテリアに合ったデザインのキャットタワーを選ぶことも大切です。多頭飼い向けのキャットタワーは、大型で存在感があるため、部屋の雰囲気にマッチするデザインを選ぶことで、見た目も楽しむことができます。木製やモダンなデザインのキャットタワーは、インテリアにも馴染みやすいです。

多頭飼いに適したキャットタワーの特徴を理解し、猫たちが快適に過ごせる理想のキャットタワーを見つけましょう。

キャットタワーの設置場所と配置のポイント

キャットタワーと猫

キャットタワーを効果的に利用するためには、設置場所と配置のポイントを押さえておくことが重要です。以下では、猫たちが快適に過ごせるキャットタワーの設置場所と配置のポイントについて解説します。

日当たりの良い場所に設置

キャットタワーは、日当たりの良い場所に設置するのが理想的です。猫は日光浴を好むため、窓辺など自然光が入る場所にキャットタワーを置くと、猫たちの満足度が高まります。また、窓から外の景色を眺めることで、猫たちの好奇心を刺激し、退屈を防ぐ効果も期待できます。

静かで安全な場所を選ぶ

キャットタワーは、静かで安全な場所に設置することが大切です。人通りが多い場所や騒がしい場所は避け、猫たちがリラックスできる静かな場所を選びましょう。また、転倒の危険がないよう、しっかりとした場所に設置することも重要です。

家具との配置バランスを考慮

キャットタワーは、他の家具との配置バランスを考慮して設置することが大切です。部屋のスペースを有効に活用し、キャットタワーが邪魔にならないように配置しましょう。特に、大型のキャットタワーの場合は、部屋の中央ではなく壁際に設置すると、スペースを有効に使うことができます。

キャットタワーの複数設置

多頭飼いの場合、キャットタワーを複数設置することも考慮しましょう。一つのキャットタワーだけでは猫たちが取り合うことがありますが、複数のキャットタワーを配置することで、猫たちがそれぞれのスペースを持ち、ストレスを軽減することができます。配置する際には、それぞれのキャットタワーが独立して使用できるように距離を取ることがポイントです。

キャットタワーの安定性を確保

キャットタワーの安定性を確保するために、設置場所の床が平らであることを確認しましょう。不安定な場所に設置すると、キャットタワーが揺れたり倒れたりする危険があります。必要に応じて、キャットタワーを壁に固定するなどして、安定性を高める工夫を行いましょう。

これらのポイントを押さえてキャットタワーを設置することで、猫たちは安全で快適な環境で過ごすことができます。

多頭飼い向きのキャットタワーおすすめ6選

多頭飼い向きのキャットタワーを6点紹介します。突っ張りタイプや据え置きタイプなど、さまざまなタイプをまとめているので、家庭の状況に合わせて選びやすいですよ。

【据え置きタイプ】の多頭飼い向きのキャットタワー

おすすめポイント
  • ファブリック生地のためお手入れがしやすく、年中使用できるサラッとした肌触り
  • 台座が40㎜&柱が6本あるため、安定感が抜群
  • ステップ1段の高さが28.5㎝のため子猫からシニアまで長く使用できる
サイズ約680×600×1940(mm)
重量約41kg

総合評価(2024年05月時点)

【大型】の多頭飼い向きのキャットタワー

Mau (マウ)
¥51,300 (2024/06/13 17:44時点 | Amazon調べ)
おすすめポイント
  • 10本の柱で支えているため安定感がある
  • スロープや穴抜けなどの猫好き要素が詰まっている
  • 横幅176cmで広いステップ&ベッドもあるため、多頭飼いでもゆったりと使用可能
全高156cm
耐荷重目安約30kg

総合評価(2024年05月時点)

【木製】の多頭飼い向きのキャットタワー

ラク(Raku)
¥9,498 (2024/06/17 21:07時点 | Amazon調べ)
おすすめポイント
  • おしゃれな木製のキャットタワー
  • ハウスやクリア宇宙船などさまざまながエリアがあるので、多頭飼いでも喧嘩せずに使いやすい
  • 階段付きなので、シニア猫や子猫も使用しやすい
材質木材, コットン
サイズ60長さ x 60幅 x 130高さ cm

総合評価(2024年05月時点)

【2匹用】の多頭飼い向きのキャットタワー

おすすめポイント
  • カップとボックスが2つずつあるため、ケンカせずに使用できる
  • 力学的原理に基づいたデザイン&転倒防止用の帯がついているため安定抜群
  • 爪とぎは靭性と弾力性に優れている天然サイザル麻を使用しているため壊れにくい
サイズ61L x 51W x 145H cm
重量19.1kg

総合評価(2024年05月時点)

【倒れにくい】多頭飼い向きのキャットタワー

PEPPY(ペピイ)
¥28,700 (2024/06/17 21:07時点 | Amazon調べ)
おすすめポイント
  • 台座が扇形のため部屋の角に置きやすく、多頭で使っても倒れにくい
  • 直径40㎝の二つのハンモックがついているため、大型猫や多頭飼いでも使いやすい
  • 4段ある棚板は交差しているため、リズムよく駆け上ることができる
サイズ幅79×奥行79×高さ170cm
重量28kg

総合評価(2024年05月時点)

【突っ張りタイプ】の多頭飼い向きのキャットタワー

PETEPELA
¥12,880 (2024/06/17 15:21時点 | Amazon調べ)
おすすめポイント
  • 透明宇宙船やハンモック、爪とぎなど機能面が豊富
  • 突っ張りタイプなので倒れにくく安心
  • コーナーに置きやすいデザインで省スペースにも対応
サイズ48長さ x 48幅 x 258高さ cm
高さ調整幅236-258cm

総合評価(2024年05月時点)

楽天・Amazon・ヤフーショッピングで見るキャットタワーの人気ランキング

キャットタワーの人気ランキングを楽天・Amazon・ヤフーショッピングで確認するなら、下記のボタンからチェックできますよ。

まとめ

箱から顔を出す猫

多頭飼いにおいてキャットタワーは、猫たちの生活を豊かにし、ストレスを軽減するための重要なアイテムです。最適なキャットタワーを選び、適切に配置することで、猫たちはより快適に過ごすことができます。これらのポイントを参考に、あなたの猫たちにぴったりのキャットタワーを見つけて、楽しい多頭飼いライフを実現してください。


タイトルとURLをコピーしました