記事内にアフィリエイト広告を含む場合があります

猫向けバギーおすすめ5選!折りたたみや取り外し可能なタイプもあり

猫用バギーに乗る猫
この記事は約4分で読めます。

本記事では、おすすめの猫におすすめのバギーを5点まとめて紹介しています。2匹や多頭飼いにおすすめなタイプやデザインがおしゃれなタイプ、人気ブランドのエアバギー製品もありますよ。愛猫と一緒に散歩をしたいと考えている人は参考にいかがでしょうか。

スポンサーリンク

猫に散歩は必要?

猫と散歩

猫は基本的に散歩の必要はありません。理由は犬と違って縄張り意識が強く、慣れていない場所にいくとストレスになりパニックを引き起こす可能性があるからです。
ただ、元々野良だった猫は外に出ることで本能が満たされることもあるため、愛猫の出身や性格により散歩してもいいでしょう。
散歩するときは犬と同じく、ハーネスやリードを付ける、排泄のマナー等を徹底する必要があります。

猫向けバギーおすすめ5選

猫におすすめのバギーを5点紹介します。商品選びの参考になるレビュー(口コミ)ページや商品のおすすめポイントもまとめていますよ。

猫向けバギー【取り外し可能タイプ】

猫用品のゴロにゃん 楽天市場店
¥27,500 (2024/02/29 11:38時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で見る
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで見る
おすすめポイント
  • 場面に合わせてカート、キャリー、リュック、ドライブボックスの4WAY使いができる
  • 飛び出し防止リードが2本ついているため、多頭飼いでも使用できる
  • メッシュ窓が上部と側面にあるから中がこもらない
サイズ【全体】(約)53×34×99cm
【折りたたみ時】(約)41×19×61.5cm
【バッグ】(約)53×30×32cm
材質【カート】スチール、プラスチック
【バッグ】スチール、ポリエステル、ナイロン

猫向けカート【おしゃれな人気ブランドのエアバギー製】

おすすめポイント
  • ブレーキが手元にあるため、急な一時停止にも対応しやすい
  • 大型エアタイヤのため段差でも衝撃が少なく、振動が伝わりにくい
  • カラーバリエーションが豊富でおしゃれ
サイズ【コット単体】
外寸(高さ/全長/幅):56.5/58.5/36.5
内寸(高さ/全長/幅):47.5/53.5/31
【フレーム単体】
使用時(高さ/全長/幅):103/96/53.5
折畳時(高さ/全長/幅):82/30/53.5
重量12kg

総合評価(2024年1月時点)

猫向けバギー【3wayタイプ】

おすすめポイント
  • コットはシートベルトをつけられるため、ドライブボックスとして使用できる
  • コット部分は独立するためショルダーベルトや手提げでキャリーとしても使用できる
  • 飛び出して防止リードが2本ついているため、多頭でも使用できる
サイズ本体セット時:W40.5×H96.5×D88cm
コット単体: W40.5×H58×D55cm
コット内寸:W30×H50×D51cm
フレーム折畳時:W40.5×H21.5×D67.5cm
重量8kg(コット:2.8kg | フレーム:5.2kg )

総合評価(2024年1月時点)

猫向けバギー【折りたたみタイプ】

おすすめポイント
  • 両手がふがっていても、片手で1秒で折りたためる
  • 重さ5.3kg、折りたたみ時は46×22×56cmになるため、車内にも収納できる
  • 前後4か所の窓がメッシュになっているため、通気性がよくバッグの中がこもらない
サイズ[使用時]W46 × D81 × H100cm
[折畳時]W46 × D22 × H56cm
[キャビン内寸]W30 × D52 × H22cm
重量5.3kg

総合評価(2024年1月時点)

猫向けバギー【多頭飼いにおすすめ】

おすすめポイント
  • 飛び出し防止リードが4本つき、耐荷重が25㎏のため多頭飼いでも使用できる
  • 目隠しカバーがついているため、外から刺激を最低限に抑えられる
  • 背面ポケットと大容量のバスケットががあるため収納が豊富
サイズ●(組立時):約幅53.5×奥行80×高さ98.5cm
●折りたたみサイズ:約幅53.5×奥行27.5×高さ99.5cm
●本体バスケットサイズ:約幅34.0×奥行65.0×高さ24.0cm(内寸)
重量約7kg

総合評価(2024年1月時点)

楽天・Amazon・ヤフーショッピングで見るペットカートの人気ランキング

ペットカートの人気ランキングを楽天・Amazon・ヤフーショッピングで確認するなら、下記のボタンからチェックできますよ。


タイトルとURLをコピーしました