【犬の自動給餌器】おすすめランキング4選

犬の自動給餌器
この記事は約4分で読めます。

本記事では、おすすめ犬の自動給餌器をオリジナルランキング形式でまとめています。自動給餌器の口コミやおすすめポイントも一緒に掲載。タイマータイプのものや、水も設置可能なタイプもあります。

スポンサーリンク

犬の自動給餌器おすすめランキング4選

犬の自動給餌器を4個紹介します。Amazon・楽天・ヤフーショッピングなどの売れ筋ランキングをもとに、独自の方法で順位付けをしました。

【1位】うちのこエレクトリック カリカリマシーン

うちのこエレクトリック
¥18,970 (2022/12/07 04:25時点 | Amazon調べ)
おすすめポイント
  • 簡単にタイマー設定ができ
  • ロックボタンで上蓋をいたずら対策
  • 手動でも給餌可能

【ECサイトレビュー抜粋】

口コミ
口コミ
評価:5.0

 

設定はそれほど難しくなく、設定した量が設定した時間に出てくれる。本当に助かっています。また、音楽や声を録音できるのもうれしい機能です。猫さんが走っていきます。うまくいかなかった点があるとすればエサの位置の高さが低めでうちの猫さんが食べにくそうだった事。とはいってもホームセンタで2×1の木材買ってカットしてもらい、自分でくっつけて台座を作りました。(木材とカット代で1000円しないくらい。)3か月使って特に大きな問題も起こっておらず、買ってよかったです。白色でデザインも他の家電等にもフィットします。

【2位】PETLIBRO 自動給餌器

おすすめポイント
  • 4リットルの大容量で、約2.6kgのエサが入る
  • ACアダプターと乾電池の2WAY給電
  • 乾燥バッグ付き

【ECサイトレビュー抜粋】

口コミ
口コミ
評価:5.0

飼い猫のために購入しました。
スマホ対応などの機能は不要のため、この機種にしましたが、シンプルで使い勝手が良いです。これで安心して外泊ができます。

【3位】ペット自動給餌器 わんにゃんぐるめ

おすすめポイント
  • ウェットフード・ドライフードのどちらでも使用可能
  • コードレス
  • フードクーラーあり
口コミ
口コミ

評価:5.0

ウェットフードとドライフード両方入れられる物を探していました。
保冷剤を入れるスペースが餌皿の下にあるのですが、サイズを確認して市販品を購入しなければならなかったので、付属していたらなお良かったです。

タイマー音が全くしないので、実際に使う前に作動するか確認するため短時間設定でセットしたところきちんと蓋が開きました。
留守番させる時にいきなり使用せず、容器に慣らしてから使用するようにと説明文にあったので使ってみました。
①蓋を開けた状態で餌を置いた。
→問題なく食べました。
②中にいつもの餌を入れて朝に蓋が開くようにタイマーをセット。
→夜中、蓋を開けたくてカリカリカリカリ前足で蹴ったりしていました。
朝、容器の向きが変わっていましたが安定感があるためひっくり返ったりすることなく蓋も時間で開いて食べました。

単3電池1本付属で付いてきます。
電池を入れている間はタイマーが動き続けているので、使い終わったらすぐ外しています。

耐久性はこれから使っていくので分からないため期待をこめて星4つ。

ペットホテルは猫にとってストレスになりそうなので、慣れた自宅で留守番させたい時の必需品としていい買い物が出来たと満足です。

【4位】Dopet 自動給餌器

口コミ
口コミ

評価:5.0

コストの割には使い勝手がいいですね、容量がもう少しほしいですね。

おすすめポイント
  • 餌が約約3.5kg入る
  • 底部には滑り止めゴム付きでズレにくい
  • 電源不要

犬が自動給餌器を壊す原因と対策

犬


犬が自動給餌を壊してしまう原因は大きく分けて二つ。

一つ目は強い好奇心から自動給餌器に触れて遊んだり、じゃれたりする事で転倒や破損してしまうケースで、特に幼犬に多く見られます。二つ目は自動給餌器内にごはんがあることを認識していて、なんとか中に入っている物を取り出そうとして機械を壊してしまうケースです。

自動給餌が壊れないように対策をする場合は、耐震用の転倒防止シールの取り付けたり、ボタン部などの強度が弱い部位に保護カバーを取り付けたりするといいでしょう。また、ストレスが原因による破損も考えられるので、可能な限りそばにいて遊んであげることも忘れずに。

タイトルとURLをコピーしました