記事内にアフィリエイト広告を含む場合があります

猫の自動給餌器のデメリットは?カメラ付きや多頭飼い向け、小さめなどおすすめの自動給餌器も紹介

餌を食べる猫
この記事は約11分で読めます。

本記事では、猫の自動給餌器のメリット・デメリット、猫の自動給餌器のタイプ別おすすめ商品や、猫の自動給餌器のランキング、選び方のポイントを紹介。猫の自動給餌器があれば、仕事や旅行などで留守の間も愛猫にフードを与えることができ、快適に過ごしやすくなります。カメラ付きやスマホアプリ連携タイプ、小さめなタイプなど、タイプ別に紹介しているので、好みのタイプの猫の自動給餌器が見つかりやすいですよ。

スポンサーリンク
  1. 猫の自動給餌器のメリット
    1. 留守中のごはんを気にせずに外出できる
    2. 食事量を管理し、肥満予防に役立つ
    3. 定期的な食事で健康的な生活をサポート
    4. 早食いや嘔吐を防ぎ、消化を助ける
    5. 遠隔操作でごはんをあげることが可能
  2. 猫の自動給餌器のデメリット
    1. 故障や誤作動のリスク
    2. 猫の性格や体調によっては利用が難しい場合がある
    3. フード詰まりやカビなどのトラブルが発生する可能性がある
    4. 自動給餌器により停電時は使用できない場合も
    5. 猫によってはフードを与えすぎ・与え足りなくなる可能性がある
  3. 猫の自動給餌器おすすめ4選【タイプ別】
    1. 【カメラ付き】で外出中も安心!人気メーカーPETKITの自動給餌器
    2. 【2匹(多頭飼い)】でも使用しやすい猫の自動給餌器
    3. 【スマホアプリ連携可能】で外出中も操作&見守り可能
    4. 小さめで【ケージ取り付け可能】な自動給餌器
  4. 猫の自動給餌器の選び方ポイント
    1. 倒すのが心配な場合
    2. 1回分のフードの量の調整
    3. 給餌回数
    4. 衛生面
    5. 給電方法
    6. ウェットフード対応
    7. その他の機能性
  5. 猫用自動給餌器のランキング上位7選
    1. 【同率1位】スマート式自動給餌器(カメラ付き)
    2. 【同率1位】ロボット型給餌器 ステンレス皿付き
    3. 【3位】PETLIBRO 自動給餌器 PLAF005
    4. 【4位】PETLIBRO 自動給餌器 PL-AF001
    5. 【同率5位】APD APETDOLA 自動給餌器
    6. 【同率5位】カリカリマシーンV2C
    7. 【同率5位】千選千品 自動給餌器
  6. 楽天・Amazon・ヤフーショッピングで見る猫用自動給餌器の人気ランキング

猫の自動給餌器のメリット

フードを食べる猫

留守中に愛猫に餌を与えられないという悩みを解消してくれるだけでなく、食事管理や健康管理にも役立つと、多くの飼い主さんから支持されています。

しかし、自動給餌器を選ぶ前に、そのメリットをしっかりと理解しておくことが重要です。

留守中のごはんを気にせずに外出できる

自動給餌器があれば、仕事や旅行などで長時間家を空けても、愛猫にごはんを与えられます。設定した時間に決まった量のフードを自動で与えてくれるので、飼い主は愛猫のごはんのタイミングを気にせずに外出することができます。

食事量を管理し、肥満予防に役立つ

多くの自動給餌器は、1回あたりの給餌量を細かく設定することができます。猫の体重や年齢、活動量などに合わせて適切な量を設定することで、食べ過ぎを防ぎ、肥満予防に役立てることができます。

定期的な食事で健康的な生活をサポート

猫は本来、夜明けと夕方など1日に複数回食事をとる習性があります。自動給餌器を使えば、決まった時間にフードを与えることができ、猫の本来の生活リズムに合わせた食事習慣をサポートすることができます。

早食いや嘔吐を防ぎ、消化を助ける

猫によっては、早食いやドカ食いをしてしまうことがあります。自動給餌器は少しずつフードを与えてくれるので、早食いや嘔吐を防ぎ、消化を助ける効果が期待できます。

遠隔操作でごはんをあげることが可能

近年では、スマートフォンアプリで遠隔操作できる自動給餌器も増えています。外出先からでもごはんの状況を確認したり、フードを与える時間を変更したりできるので、より安心安全に愛猫と過ごすことができます。

猫の自動給餌器のデメリット

自動給餌器についている給水器から水を飲む猫

便利な反面、いくつかのデメリットも存在します。購入前にデメリットもしっかり理解しておきましょう。

故障や誤作動のリスク

精密機械である自動給餌器は、故障や誤作動のリスクがゼロではありません。停電や機械の故障により、猫にフードを与えられなくなる可能性があります。留守番中に故障した場合、猫が飢餓状態に陥ってしまうことも考えられます。

    対策としては、予備のフードを用意しておく、定期的にメンテナンスを行う、信頼できるメーカーの製品を選ぶなどが挙げられます。

    猫の性格や体調によっては利用が難しい場合がある

    猫によっては、自動給餌器からフードを食べることに慣れない場合があります。また、病気やケガなどで食事制限が必要な猫の場合、自動給餌器で適切なフードの量をコントロールするのが難しい場合があります。

      自動給餌器を導入する前に、必ず猫が問題なく利用できるかどうか確認する必要があります。

      フード詰まりやカビなどのトラブルが発生する可能性がある

      自動給餌器は、定期的なメンテナンスが必要です。フード詰まりやカビが発生すると、猫がフードを食べられなくなったり、衛生状態が悪くなったりする可能性があります。

        使用説明書をよく読み、定期的に清掃を行うようにしましょう。

        自動給餌器により停電時は使用できない場合も

        コンセントから電力を供給するタイプの自動給餌器の場合は、停電時に使用できません。停電が長時間続く場合は、猫にフードを与えられなくなる可能性があります。

          停電対策として、電池からも電力を供給する2WAY給電タイプにしたり、予備のフードを用意しておいたりするなどの対策が必要となります。

          コンセントと電池の2way給電ができる猫用自動給餌器はこちら!
          うちのこエレクトリック
          ¥19,800 (2024/05/18 13:02時点 | Amazon調べ)

          猫によってはフードを与えすぎ・与え足りなくなる可能性がある

          自動給餌器は、設定した量通りにフードを与えます。しかし、猫の食欲や体調は日によって変化するため、設定した量が適切とは限りません。

            猫の体重や体調を定期的に確認し、必要に応じて設定量を調整する必要があります。

            まずは在宅時に自動給餌器を使用するようにし、慣れてきたら外出時にも自動給餌器を使用するようにするのがおすすめです。

            猫の自動給餌器おすすめ4選【タイプ別】

            猫の自動給餌器はタイマー付きやカメラ付きなど、さまざまなタイプがあるためどのタイプを購入しようか迷ってしまうかと思います。タイプ別におすすめの猫の自動給餌器をまとめましたので、ご家庭や猫ちゃんにあった自動給餌器を選びやすいですよ。

            【カメラ付き】で外出中も安心!人気メーカーPETKITの自動給餌器

            おすすめポイント
            • 高解像度・暗視モード・140°広角でカメラ機能抜群
            • AIキャプチャーでペットの様子を自動保存可能
            • カメラのオン・オフの切り替えが可能なので、撮影したくないときにも使いやすい
            容量3L
            給電方法2WAY給電(付属のACアダプター・単4形アルカリ乾電池5本)

            総合評価(2024年3月時点)

            【2匹(多頭飼い)】でも使用しやすい猫の自動給餌器

            HoneyGuaridan
            ¥7,680 (2024/05/11 21:11時点 | Amazon調べ)
            おすすめポイント
            • 給餌位置が離れているので猫が喧嘩しにくい
            • 同じ量を給餌可能
            • 同シリーズに早食い防止バージョンもあり
            容量3.5L
            給電方法2WAY給電

            総合評価(2024年3月時点)

            【スマホアプリ連携可能】で外出中も操作&見守り可能

            うちのこエレクトリック
            ¥19,800 (2024/05/18 13:02時点 | Amazon調べ)
            おすすめポイント
            • 専用の無料スマホアプリで給餌量や設定など操作簡単
            • お留守番時の映像を最大20人まで共有可能
            • ご褒美の一口量の給餌も遠隔&手動で操作可能
            サイズ約W240×H380×D317mm(フードトレイ設置時)
            容量4.5L

            総合評価(2024年3月時点)

            小さめで【ケージ取り付け可能】な自動給餌器

            おすすめポイント
            • お留守番時はケージ内で過ごす場合の猫ちゃんにも対応可能
            • フードタンクと食器のみを取り外して丸洗いできるのでお掃除も簡単
            • 幅が薄いコンパクトサイズ
            容量2.3L
            給電方法2WAY給電(電池・アダプター)

            総合評価(2024年3月時点)

            猫の自動給餌器の選び方ポイント

            猫のフード

            猫の自動給餌器は、飼い主の不在時でも猫にフードを与えられる便利なアイテムです。最近では、スマホから遠隔操作ができる高性能なモデルも多くラインアップされています。たくさん種類があっても選ぶのに迷ってしまいますので、猫の自動給餌器を選ぶ際に押さえておきたいポイントをご紹介します。

            倒すのが心配な場合

            なにかの拍子に自動給餌器が倒れてしまうと、使用できなくなってしまう可能性が高いです。猫が遊んでしまったり、地震が起きたりと、転倒の可能性は捨てきれません。
            猫の自動給餌器は縦長のタイプが多いですが、中には平たいタイプもあります。自動給餌器の転倒が心配な場合は、平たいタイプを選ぶといいでしょう。

            人気シリーズ「カリカリマシーン」から平たいタイプが登場!

            1回分のフードの量の調整

            猫の自動給餌器は、1回分のフードの量を調整できるものがほとんどです。ただ、自動給餌器により量の調節方法や設定できる量が異なります。猫の体重や年齢、活動量に合わせて量を細かく設定できるタイプだと、なおよいでしょう。

            5gまたは10g単位でフード量の調節が可能な猫用自動給餌器はこちら!
            うちのこエレクトリック
            ¥19,800 (2024/05/18 13:02時点 | Amazon調べ)

            給餌回数

            猫は1日2~3回食事をするのが一般的です。留守番の長さに合わせて、給餌回数を調整できるタイプがいいでしょう。

            1日の給餌回数を1~6回まで設定可能な猫用自動給餌器はこちら!
            PETLIBRO
            ¥6,999 (2024/05/10 01:20時点 | Amazon調べ)

            衛生面

            自動給餌器は衛生面にも注意が必要。フードを入れるタンクや食器が取り外して洗えるタイプなら、清潔感を保ちやすいですよ。

            フードを入れるタンクや食器を取り外せる猫用自動給餌器はこちら!

            給電方法

            自動給餌器は、電気で動くタイプが多いです。そのため、コードまたは電池など、給電方法を確認しておきましょう。

            給電方法メリットデメリット
            コード・電池交換の手間が省ける
            ・電池を購入すうる手間が省ける
            ・停電時に使用できない
            ・コードが抜けてしまった場合は使用できない
            ・猫がコードで遊ぶ可能性がある
            ・コンセント(USBポート)がある場所の近くでしか使用できない
            電池・コードレスで猫のいたずらの心配がない
            ・急な停電時でも使用可能
            ・コードレスで置き場所を変えやすい
            ・電池を交換しなければいけない
            ・電池購入の手間がかかる
            ・電池が切れてしまった時に使用できない

            なお、自動給餌器の中には、コードと電池の両方を採用しているタイプもあります。この場合は、停電時やコンセント(USBポート)から電源コードが抜けてしまった場合でも電池から給電が可能。万が一に備えるなら、コードと電池の両方を採用しているタイプがおすすめです。

            コードと電池の2way給電ができる猫用自動給餌器はこちら!
            うちのこエレクトリック
            ¥19,800 (2024/05/18 13:02時点 | Amazon調べ)

            ウェットフード対応

            ウェットフードをあげている猫ちゃんの場合、ウェットフード対応の自動給餌器を選ばなければいけません。ウェットフードはドライフードより傷みやすいので、保冷機能付き洗いやすく清潔さを保ちやすいようなタイプを選ぶのがおすすめです。

            夏でも安心なアイスパック付き&挟み込み防止対策&食洗機対応で機能性優秀!

            その他の機能性

            自動給餌器には以下のような機能が搭載されている場合も。

            • 遠隔操作
            • カメラ
            • 給餌量の記録
            • スマホアプリと連動可能

            など

            例えば、スマホアプリと連動可能なタイプであれば、外出時にも自動給餌器の作動状況やペットの様子を確認しやすいです。ご自身の使用環境に応じて、必要な機能が付いているタイプを選ぶといいでしょう。

            スマホアプリと連動できる猫用自動給餌器はこちら!
            APD APETDOLA
            ¥7,990 (2024/05/18 13:02時点 | Amazon調べ)

            猫用自動給餌器のランキング上位7選

            猫用自動給餌器のオリジナルランキングから、上位5位以内の商品を紹介します。Amazon・楽天・ヤフーショッピングの猫の自動給餌器の売れ筋ランキング(2024年3月時点のランキング)をもとに、独自の方法で順位付けをしました。他の人が購入している商品も参考に選べば、きっと、自動給餌器選びの参考になるはず。

            【同率1位】スマート式自動給餌器(カメラ付き)

            おすすめポイント
            • 他の自動給餌器と比べて安めの値段設定
            • スマホと連動可能で外出中でも操作できる
            • USB+電池の2WAY給電対応で安心
            サイズ約175×277×280mm
            重量約1470g

            【同率1位】ロボット型給餌器 ステンレス皿付き

            おすすめポイント
            • 他の自動給餌器と比べて安めの値段設定
            • 乾電池式とコード給電のどちらも対応可能(ACアダプタ&USBコード付き)
            • ボタン操作だけで設定簡単&日本語取扱説明書付き
            タンク容量3.5L
            サイズ約高さ300×横173×幅150(mm)

            総合評価(2024年3月時点)

            【3位】PETLIBRO 自動給餌器 PLAF005

            おすすめポイント
            • フードタンクの投入口は、いたずらしにくいツイストロック式のフタを採用
            • 乾燥剤入れ搭載&密閉性にも優れた作りでドライフードの鮮度を保ちやすい
            • ACアダプターと3本の単1アルカリ乾電池で2WAY給電対応
            容量3L
            サイズ約20.20 × 19.60 × 29.30 cm

            総合評価(2024年3月時点)

            【4位】PETLIBRO 自動給餌器 PL-AF001

            おすすめポイント
            • 猫がフードを食べやすいようフードトレイ部分は傾斜設計
            • 4Lの大容量タンクでフードをストックしやすい
            • ごはんの時間に録音済み音声を再生することが可能
            容量4L
            給餌回数1~4回/日

            総合評価(2024年3月時点)

            【同率5位】APD APETDOLA 自動給餌器

            APD APETDOLA
            ¥7,990 (2024/05/06 10:35時点 | Amazon調べ)
            おすすめポイント
            • スマホアプリと連動可能で設定しやすい
            • いたずら防止設計&ロック機能付きで猫のいたずらを防ぐ
            • 2WAY給電対応(単三形乾電池3個、TYPE-C)
            サイズ約208x274x166mm
            容量3L

            総合評価(2024年3月時点)

            【同率5位】カリカリマシーンV2C

            うちのこエレクトリック
            ¥19,800 (2024/05/18 13:02時点 | Amazon調べ)
            おすすめポイント
            • スライドフック式のフタや強化ナイロンコードなど、いたずら対策が施されている
            • 暗いところでも見えやすい夜間撮影機能付き
            • スマホ連動で操作が簡単
            サイズ約W240×H380×D317mm(フードトレイ設置時)
            容量4.5L

            総合評価(2024年3月時点)

            【同率5位】千選千品 自動給餌器

            おすすめポイント
            • スマホ専用アプリと連携でき、外出先からも操作可能
            • 猫がボタンを押さないよう、ボタンロック機能付き
            • フードタンクとフードボウルは取り外して丸洗い可能
            容量3L
            給電方法ACアダプターまたは3本の単1形アルカリ乾電池

            総合評価(2024年3月時点)

            楽天・Amazon・ヤフーショッピングで見る猫用自動給餌器の人気ランキング

            猫用自動給餌器選びの参考に、楽天・Amazon・ヤフーショッピングで人気ランキングを確認してみるのもいいかも。下記のボタンからチェックできますよ。


            タイトルとURLをコピーしました